介護職が医療を知ること歩み寄ることの大切さ




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

介護職というと自分の範疇から出ようとしない事が多いが、医療の事を知っていないといけないと思う。

精神科医の上野先生に聞けば、僕らが知らなかったこと、例えば、マイナートランキライザー系や胃薬(ガスター)によってせん妄が起きる場合がある、という事を勉強することが出来る。医療でも、肺炎の治療に行っただけなのに突然PEG(ペグ)を付けられる場合がある。しかし、意思確認できる段階で付き合っている介護職の僕らだからこそきちんとお年寄りに聞いおいて、それを家族や医療関係者に渡す事が出来る。カルテに書いてなくても、お年寄り本人の希望を確認し、「餓死させるのですか!」と言う医師がいる中で、本人の意思を尊重する事ができる。そのためには、医療の地域化を待つだけでなく、僕らが医療の事を知ってこちらからも医療に歩み寄る努力をしていかないと、医療不足や在宅という問題に対して、地域で支えることが出来ないと思う。


 自宅介護からデイサービスへ
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 託老所あんき

再生時間


 特養での気づき[2/2]
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 特養

再生時間


 排泄ケアの悪循環
 [キーワード]
 田中とも江
 悪循環
 排泄ケア

再生時間


 在宅療養における医療と介護の視点
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 地域

再生時間

もっと見る