あおいけあのケアを皆が受け入れてくれるためには




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

自由度が高い小規模多機能託老所はこういうものであると自治体の関係者などに教えていくことが必要。

小規模多機能という制度は他のデイサービスに比べて、非常にグレーに作ってある。厚労省の課長クラスの人たちが、現場に足を運んで託老所がいいというのを制度化してくれた。そのため、非常に自由度を高く作ってくれた。それが県におり、市におりてくると文書でしかおりてこないので、担当者が知らない。自治体の担当者に関しては、小規模多機能託老所というのはこういうものだと教えに行く時代である。
段々と行政の方も理解をしてくれている。しかし、行政の介護保険課はいい方向へ動いてくれない。市長や議員は動いてくれている。そのため今では世論を作っている。フォーラムを何回も地域で開催したり、全国組織とも連携しながら小規模特攻を作るつもりでやっている。


 やってもらおう!教えてもらおう!
 [キーワード]
 記事
 あおいけあ
 おたがいさん

再生時間


 おたがいが心地の良い介護
 [キーワード]
 記事
 あおいけあ
 おたがいさん

再生時間


楽しい演奏会 ~何が起こるかわからない …
 [キーワード]
 記事
 あおいけあ
 おたがいさん

再生時間


利用者・スタッフ共に最適化された環境づ …
 [キーワード]
 記事
 あおいけあ
 おたがいさん

再生時間

もっと見る