マニュアルではなく自立支援に向けたミッション




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

マニュアルがない代わりに利用者の自立支援と地域づくりを目標とするミッションがある。マニュアルがないのは「マニュアルではケアができない」からである。

マニュアルがない代わりにミッションがある。そのミッションの先は利用者の自立支援と地域づくりに向かっていれば、何をしてもよいことになっている。なので介護職員が「トイレ掃除を頑張っているのに、なぜ評価をしてくれないのか」といっても専門性が全くなく、お年寄りのためになっていないから評価はできない。おばあちゃんとトイレ掃除をするのは素晴らしい。もっといいのは、公園のトイレをおばあちゃんと掃除してくること。ここは「マニュアルがない」のではなく、「マニュアルではケアができない」からマニュアルが存在していない。人それぞれ状態も違うし、認知症だけとっても、何で困っているかは全然違う。その方に画一的なケアの時間割の提供で何のケアができるのか。
仕事の楽しさや感動するサービスは法律(きまり)を破ることから生まれてくる。決まったことをやっていて感動は生まれない。突飛な個人プレーや楽天的なチームプレーが事業所や会社の利益になる。バックにそれを支える信頼感があれば、組織的には作れる。
かながわ福祉サービス大賞の受賞により、世論を味方につけ、先進事例と認めてもらうことにより現在のケアがある。
お酒を持ってくるおばあちゃんと仕事終わりのスタッフで酒盛りをする。おばあちゃんがお酒を飲んで騒ぎたいという場合でも、あたりまえにやる。タバコも当然やる。このような行為はごく当たり前の光景としてある。


 自宅介護からデイサービスへ
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 託老所あんき

再生時間


 知的障害者授産施設での気づき
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 知的障害

再生時間


認知症のおじいさん・おばあさんと地域の …
 [キーワード]
 あおいけあ
 おたがいさん
 小規模多機能型居宅介護

再生時間


 認知症の人との関わり方
 [キーワード]
 近藤誠
 西条市
 不快

再生時間

もっと見る