認知症のおじいさん・おばあさんと地域の子どもたち




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

放課後は子供のたまり場になっている。これはよく分からないと思うが、秘密基地だそう。そしてこれは先程のDVがあったおじいさんが鉄砲を向けているが、パンパンと鳴る火薬の鉄砲を子供たちが庭で遊んでいた。そうしたらこのおじいさんがおもむろに外へ出て、「俺の分も買ってきてくれ」と200円渡した。そして子供たちが律儀に遠くの駄菓子屋さんまでこの鉄砲を買いに行ってくれて、帰ってきてから壮絶なギャングごっこが始まった。もうこちらが見ていてハラハラするくらい走り回る。一通り遊ぶとお茶を飲みながら難しい顔をしていたのでどうしたのか聞くと、「子供たちが200円持ったまま帰ってこないんだ」。このように認知症があるが、感情で感じているのでそれ以降も子供たちが遊びに来るとキャッチボールなどをしている。だから、言ってみれば、元気で頑固で大変な認知症である。DVまであるくらいだから。だけれども、全然普通の人でしょう?最近はお酒も飲んで普通に泊まることなどができるようになっている。そして、子供たちは遊びに来る前提になっているので、外から見ても遊べる雰囲気をかもし出しているようになっている。外でかき氷なんかをやっていれば、企画でもなんでもないが普通に子供たちが入ってくる。そして、おばあさんたちが毎年柿の葉で柿の葉茶を作る。レモンの何倍のビタミンCだとかいうウンチクを言いながら作っている訳である。それを子供たちは見ていて手伝いたいし、真似したくてしょうがない。これを見て分かる通り、スタッフは遊んでいるでしょう?ぜひ見に来てほしいのは、スタッフが誰も忙しそうにしていないところ。あまりバタバタしていないし、眉間にしわもよっていないと思う。そして、おばあさんたちが作った柿の葉茶は地域行事で売る。金儲けが最高の自立支援だと思っている。別に僕は搾取しない。お年寄りが自分たちで使っているお金である。そして、これは地域の子どもたちも売ったりする。これを見ても、認知症のおばあさんとか子供とか地域の方が一緒に行事を当たり前にやっているし、寝たきりだったおじいさんが餅をついていたりする。これは、ひょうたんをたくさんもらったのでライトを最初作ろうと思って穴を開けていたが、おばあさんが顔みたいに掘って可愛かった。そういうのを見るとウチのスタッフは皆、頭でチャリンという音がする。売れると。それから大量生産が始まって、これをまた売る訳である。800円という強気な値段をつけているが、この前もおばあさんが吊るし雛を作って一個2000円で売っていた。しかもしっかりと売れている。このジャガイモもおじいさんが畑で作った物だし、このお茶もそうである。地域の子どもたちも限定ショップ”YOTUBA”などという名前をつけて売っている。子どもたちも子どもたちで葉っぱを飾ったら良いのではないかとか、試飲をさせたら売れるのではないかと色々知恵を絞って売る訳である。これは去年の5月の写真であるが、去年からは地域のよく来ている子供たちが「今回は僕らはおじいさん・おばあさんが作ったものを売らない」と言い始めた。喧嘩でもしたのかと思ったら、「今年は僕らが作ったものを売りたい」と言い出して、放課後になると針箱を持って、おたがいさんの和室に集まってフェルトなどでマスコットを作っていた。おばあさんはそれを見て、「玉止めは裏でしょう」などといろいろ指導をしながら一生懸命作る訳である。前日はクッキーを大量生産して、去年は”ハンドメイド”という名前のお店で子供たちが売った。僕は終わった後にいくら儲かったかを聞いた。人が一回の行事で200人くらい来るのでだいたい全部売れちゃうのが分かっているが。そしていくら儲かったのかを聞くと子供たちは神妙な顔で、「原価が200円で、みんなで300円ずつ分けて、残りは被災地に寄付する」と言った。僕はそれを聞いて泣きそうになった。大人は何も言っていないのに被災地に寄付すると言ったので。そして、これは去年の12月の写真で、子供たちが手で5とやっているのは、5000円以上売れたという喜びのポーズであるが、この時も子供たちは売上を被災地に寄付していた。だから、地域をデザインするというのは高齢者だけ見ているのではなく、おじいさん・おばあさんが子どもたちに働きかけて、多分優しい子たちになっていると思う。今は10歳くらいだが、この子たちがあと5年・10年経った時に、多分地域の格になってくると思う。よって、「明日から地域を見よう」ではなく、今から練って行くということが大切である。練っていくための装置として介護施設を使っているだけであって、あまりお年寄りの面倒を見ましょうという考え方をウチでは持っていない。そしてこの子も、小学校の時からお母さんが介護職員なのでウチで働いていて、小学校の時から入り浸っている。中学校・高校もバスケ部で帰ってくると、おたがいさんの風呂場から「ただいま」  5分28秒


 認知症の告知
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 診断

再生時間


 認知症の初期症状 物忘れ
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 物忘れ

再生時間


料理の失敗と転倒から認知症初期症状を見 …
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 初期症状

再生時間


 認知症の初期症状 日常生活における失敗
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 初期症状

再生時間

もっと見る