ユマニチュード:ケアのメソドロジー




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.



↓ユマニチュードについてもっと知りたい方はこちらへ↓

ユマニチュード特集

続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

ユマニチュードは、技術と哲学の両者を考慮した概念を“ケアのメゾドロジー”といい、自分の思う価値と相手の感じる価値の一貫性が保たれていることが大切である。

技術と、哲学の両者が集まったものをジネスト・マレスコッティの゛ケアのメソドロジー”と呼んでいる。まず、哲学があることにより、その人特有の価値の重みを感じることができる。例えば、私(話者)の価値は優しいことであるとか、感じが良いなどの価値があると思う。しかし、どんなに良い価値を持っていても患者さんの体を洗おうとすると叫ばれたりしてしまう。だからこそ、技術など様々な面を考慮しなければならない。これを私は、倫理と呼んでいる。私は、倫理を自分が与えていると感じる価値と相手に受け取られている価値が一貫性を保つためのものだと感じる。例えば、私たちは自由を大切だというのに、患者さんを拘束してしまう。そうすると、そこには一貫性が働いていない。このとき解決策を探すことは大切であるが、まず疑問を呈することが重要である。安全を保ちながら、患者さんに自由を与えることができるのではないか?という疑問を持つことから、解決策が見つかるのだ。


 2分間ケア
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 地域

再生時間


 フランスと比較した日本の施設、人の特徴
 [キーワード]
 ユマニチュード
 humanitude
 イブ・ジネスト

再生時間


ユマニチュードの4つの柱「触る」・どこ …
 [キーワード]
 ユマニチュード
 humanitude
 イブ・ジネスト

再生時間


 ユマニチュードに期待すること
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 地域

再生時間

もっと見る