ユマニチュードの4つの柱「話す」




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.



↓ユマニチュードについてもっと知りたい方はこちらへ↓

ユマニチュード特集

続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

オートフィードバックというテクニックが重要である。 人間の四つの柱があるということを先ほどお話ししました。一番目はまなざしでした。二番目は言葉です。赤ちゃんにとてもやさしくて歌うようにはなしかけます。赤ちゃんどうしてそんなに可愛いの?では介護の必要な高齢者に対してはどういうことが起きてるでしょうか。想像してください。あなたもう私に話しかけてくれないし、見てもくれないのね。そういう風になってしまったらおしまいです。 あるテクニックを。これが通常にコミュニケーションのあり方です。話すためにはフィードバックが必要です。これは例えば今お聞きになってる方がうなずいてくれるようなことがフィードバックと呼ばれるものです。あるいは言葉。ただ、ひとが話すことをやめてしまったら、あるいは理解することができなくなってしまったとき、そういったものはフィードバックがなくなってしまうので、コミュニケーションもとまってしまう、これは当然でしょう。ですので、このオートフィードバックというテクニックを入れまして、自分たちで、あなたを洗うことになった場合、右腕をあげます、という風にいいます。そしてわたしの手がはなしているようなものです。自分で自分にポジティブな言葉をいいます。良いですね、手を撫でていますよ。私は今手の内側にいますね。そして、肩に手をあてて、今は背中をなでています。では今度は私は手袋を洗いますね。こういったすべてのことを私は自分で描写するわけです。こういったことを描写しながら行うことで、コミュニケーションの量も増えるわけです。先ほど見た女性のような状態も、話すことも見ることもできなくってしまった状態、動かなくなってしまった状態といえますが、そういった場合その人は存在しなくなってしまうわけです。ですのでこういったテクニックを学ぶということがとても重要になります。


 フランスと比較した日本の施設、人の特徴
 [キーワード]
 ユマニチュード
 humanitude
 イブ・ジネスト

再生時間


ユマニチュードの4つの柱「触る」・どこ …
 [キーワード]
 ユマニチュード
 humanitude
 イブ・ジネスト

再生時間


 ユマニチュードに期待すること
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 地域

再生時間


 日本の高齢者人口と認知症の発症率
 [キーワード]
 本田美和子
 ユマニチュード
 humanitude

再生時間

もっと見る