愛や優しさを怖がってはいけない




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.



↓ユマニチュードについてもっと知りたい方はこちらへ↓

ユマニチュード特集

続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

愛を学ぶのにきまった年齢はなく、人間は愛や優しさを感じ取れるように作られている。

愛を学ぶのにきまった年齢はない。尊厳についての言説や話というのは意味がない。罠にはまってしまえば意味がない。だからこそテクニックや学習、教育が重要になってくる。家族に教える。なぜなら罠にはまりかねないから。愛や優しさを怖がってはいけない。なぜなら人間というものは、それができるように作られているから。例えば、生まれたばっかの赤ちゃんを触るとき、赤ちゃんは何も感じない。なぜなら脳と皮膚を結びつける回路がまだうまく機能していないから。しかし別の回路を見つけた。神経の回路は3ヶ月から7ヶ月の間に、母親の胎内で発達するが、それらをうまく機能させるためには、身体をなでると脳にスイッチが入る。赤ちゃんはなでられてスイッチが入る様に作られている。愛されるために生まれている。
脳には基本的な感情を感じる機能が存在する。そのため誰か賢い人は特には必要なく、疾患がある人、ずっと動かなくなってしまった女性などに対しても、どんなことが起きてもなでたり話したり、眼差しを投げかけることで良い状態に向かわせることができる。どんな状態にあっても。可能性は非常に広い。


 フランスと比較した日本の施設、人の特徴
 [キーワード]
 ユマニチュード
 humanitude
 イブ・ジネスト

再生時間


ユマニチュードの4つの柱「触る」・どこ …
 [キーワード]
 ユマニチュード
 humanitude
 イブ・ジネスト

再生時間


 ユマニチュードに期待すること
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 地域

再生時間


 日本の高齢者人口と認知症の発症率
 [キーワード]
 本田美和子
 ユマニチュード
 humanitude

再生時間

もっと見る