拘束をせざるを得ないときに取る対策1




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.



↓ユマニチュードについてもっと知りたい方はこちらへ↓

ユマニチュード特集

続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

手などを拘束していなければ、チューブを抜いて死んでしまう可能性がある。そういった場合二つの方法がある。
その一つとして、24時間その人に誰か付き添うボランティアをつけることが挙げられる。


手などを拘束していなければ、チューブを抜いて死んでしまう可能性がある。そういった場合二つの方法がある。
まず一つは、24時間その人に誰か監視をつけることだ。それはできるか?ボランティアを雇えば可能である。亡くなられた方に付き添うボランティア(看取り付き添いボランティア)も作られたのだ。だから、生きている人のために付き添うボランティアもそろそろ考える必要がある。そのうえで、家族にもなるべく付き添ってもらう。
明確に規則を作れば、交代で来てもいいという家族は多い。しかし、結局治療する側が権力を持っているので、常にそのようには考えない。やはり、医療界の底に通底している考え方として、治療に関係のない人や知らない人はそこにいてはならない、治すのは私たちだという意識があるのだ。それが、全身を拒んでいて実はサングラスのようなものなのである。フランスでも、集中治療や蘇生治療では面会時間が一日一時間と決められている。患者さんは縛られていて、家族の人はろうかでずっと待ち続けているのだ。でも実際はみてもらうこともできるだろうし、そばにいることもできるはずなのに。

二つ目の方法


 介護者中心の考え方による拘束
 [キーワード]
 拘束
 老人ホーム
 施設

再生時間


ついやってしまいがちな拘束ースピーチロ …
 [キーワード]
 拘束
 スピーチロック
 言葉

再生時間


 認知症の啓発の大切さ
 [キーワード]
 認知症
 玉井顯
 対策

再生時間


 認知症対策の最優先課題
 [キーワード]
 認知症
 玉井顯
 対策

再生時間

もっと見る