急性期病床を有する在宅診療部の地域医療における役割




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

医療・介護サービス提供者間の垣根を越えた情報共有が不可欠である。
先程述べたように、CTなどのハードを持っているということや入院させることでもう一回この計画の練り直しができる。その家族の住宅環境などを踏まえて再評価できるのである。あとは、独居などのどうにもならない人の避難的な入院や退院の支援というのがウチの役割だと考えている。要するに大きな病院ではすぐに見放されてしまう人の最後の受け皿だと思っている。また、医療・介護サービス提供者間の垣根を越えた情報共有が不可欠である。セラピストの人やケアマネさんの話を聞くと、医者には聞きにくいということがあって、そこの垣根をとらなければならないと思っている。


 上野秀樹 認知症の人を在宅で支えるために
 [キーワード]
 youtube
 上野秀樹
 在宅

再生時間


地域ボランティアの大切さ 〜おばさん料 …
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 託老所あんき

再生時間


 託老所を立ち上げて苦労したこと
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 地域

再生時間


高齢者と子どもの交流がよりよいケアにつ …
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 地域

再生時間

もっと見る