薬物有害作用を予防するためには?




続きの動画を見る

ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




続きの動画

ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

高齢者に対する薬物有害作用を予防するためには、5剤以下にしようということが老年学会でも言われている。

 高齢者に対する薬物有害作用を予防するためには、老年学会でも言われているのが5剤以下にしよう。6剤を超えると薬物相互作用による有害事象が多くなるそうだ。だから5剤以下にしようということがよく言われている。
 あとは飲み方を簡単にするということ。高脂血症の薬なんかは前は夕方に飲むと良いなんて言われていたが、臨床試験をすると夕方飲んでもあまり効果が作用がない、ということでできれば朝一回にする。そういう風に飲み方を変える。
 新しい症状が出たときには薬物有害事象をまず疑う。転倒やせん妄など高齢者特有の症状が薬で出てることは非常に多いのでここをいつも意識することが大事だ。


 老年症候群と薬物有害作用
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 高齢者

再生時間


 老年症候群とは?
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 高齢者

再生時間


 老年症候群から見る医療介護の視点
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 高齢者

再生時間


 薬物動態変動要因 —まとめ—
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 高齢者

再生時間

もっと見る