認知症に気付くには?




ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

認知症の早期発見には周りの人の認知症に対する理解が必要である。早期発見で一番初めに気付くのは、医者ではなく近くにいる家族である。物忘れや幻視、性格に関わる部分の異変などの認知症の初発症状についての知識をもって、それらの症状がないか注意深く観察することが早期発見につながる。 認知症を早期発見するためには、認知症の知識が無ければならない。そのためにはまず認知症の啓発が大切である。
例えばアルツハイマーであれば物忘れから始まるが、レビー小体型であれば幻視、前頭側頭葉型であると性格に関わる部分での異変など、決して物忘れだけが初発症状ではない。
早期発見で一番初めに気付くのは、病院に行って医者が見つけるのではなく家族である。そのため家族がそういった初発症状について理解していることが大切である。
例えば物忘れの場合、ちょっとした物忘れではなく鍵、印鑑、通帳、免許証などの大事なものを数度忘れるような場合、病的な物忘れの始まりである。それらの症状があるかどうか注意深く観察することが認知症の早期発見につながる。


 認知症の告知
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 診断

再生時間


 認知症の初期症状 物忘れ
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 物忘れ

再生時間


料理の失敗と転倒から認知症初期症状を見 …
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 初期症状

再生時間


 認知症の初期症状 日常生活における失敗
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 初期症状

再生時間

もっと見る