認知症の人にとっての「不快」とは




ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

認知症の人が不快だと思う点はたくさんある。それらの「不快」にきちんと気づくことが大切である。


認知症の人が不快であるということを、私たちでどう受け止めるか。
不快ということはわかりやすく言えば気分が悪いということである。認知症の人にとっての気分が悪いということは色んなことが考えられる。例えば、便秘もお腹の中で溜まっているケース、肛門の入口に溜まっているケース、毎日出なければ嫌だというケース、など人によって様々である。また、パットを当てている部位がずれてしまったら気分が悪いし、ズボンを履いていても股に何か入っていれば圧迫されて気分が悪いし、嫌なスタッフが自分を無視して前をとおり過ぎていったら更に気分が悪くなる。他にも痒いところに手が届かないなど・・・不快だと思う点はたくさんあるのである。


 認知症の告知
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 診断

再生時間


 認知症の初期症状 物忘れ
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 物忘れ

再生時間


料理の失敗と転倒から認知症初期症状を見 …
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 初期症状

再生時間


 認知症の初期症状 日常生活における失敗
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 初期症状

再生時間

もっと見る