排泄に付き添う際のポイント




ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

一緒に気持ちを合わせて、本人が気持ちいいと感じるポイントを掴み、溜まったものを少しでも外側から優しく押してあげることが大事。

溜まったものを少しでも外側から押してあげることが大事。そこで推奨するのが、へその部分の固いところを柔らかくすること、本人の手をお腹においてその上から一緒に手を添えて、呼吸をしながら、いちにいちにとさすりながら押してあげる。頑張りましょうといいながら押すだけでは、「苦しい」とか、「何をするの」と本人が嫌がってしまう。お腹にたまっているから一緒に出しましょうねと声を掛けながらさすってあげる。
お腹に本人の手があることでクッションとなり、お腹を押さえ込むことがない。尿の場合、膀胱を押すとき、ぐっと力を入れて押してしまうが、それは本人にとって苦痛。
相手が苦痛と感じることは何をしてもいけない。一緒に気持ちを合わせて、本人が気持ちいいと感じるポイントを掴むのが大切。


 薬物動態変動要因「E」—排泄—
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 高齢者

再生時間


 薬物動態変動要因 「ADMEとは」
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 高齢者

再生時間


 重度の認知症高齢者の方が排泄できた例
 [キーワード]
 排泄
 事例
 重度

再生時間


重度の高齢者でもオムツを外す必要がある …
 [キーワード]
 田中とも江
 高齢者
 オムツ

再生時間

もっと見る