事例から見るQ&A-4  だるかったけど 楽しかった




ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

だるかったとしても楽しくやってもらうこと、楽しかったという思いが残ることが大切である。 だるかったとしても、楽しかったという思いが残ることが大切である。 ちょっとしたことでも褒めてあげたり、そういう体験が昔の記憶に繋がったりする。 すると気が付いたら自分からエプロンをつけていて「え、おばあちゃんどうしたの?」と問いかけてみると、 「ちょっと料理でもしてみようと思って」というような展開をみせることは多々ある。 今までは上げ膳据え膳だったものが、そういう体験を経ることで、自立出来るようになった人はたくさんいる。


 自宅介護からデイサービスへ
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 託老所あんき

再生時間


4つの基本の柱でひとはユマニチュードに …
 [キーワード]
 ユマニチュード
 humanitude
 イブ・ジネスト

再生時間


 ユマニチュードの4つの柱「見る」
 [キーワード]
 ユマニチュード
 humanitude
 イブ・ジネスト

再生時間


 「業務」に追われない「おたがいさん」
 [キーワード]
 あおいけあ
 おたがいさん
 小規模多機能型居宅介護

再生時間

もっと見る