ついやってしまいがちな拘束ースピーチロック(ことばの抑制)についてー




ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

言葉としての拘束、スピーチロックも行動制限であり物理的な拘束が少なくなっただけである。
スピーチロックが一番。物理的拘束が少なくなっただけで行動制限。 「~しちゃダメ」とか「立たないで」とか「何で言うこと聞かないの」とか「まだ駄目でしょ」とか「どうして動くの」とか「そんな急いで食べたら引っかかるでしょ」とか「転ぶでしょ」とか。
常に人が行動しようとするところに待ったをかける人が多い。言葉としての拘束。
それにつながってスタッフ同士の拘束という認知の下に転んだら困るでしょ、家族が訴えるでしょ。
骨折したらあなたが痛いのよ。私たちが責められるのよ。そういう風にすり替える。言葉から。


 介護者中心の考え方による拘束
 [キーワード]
 拘束
 老人ホーム
 施設

再生時間


 コミュニケーションを構成するもの
 [キーワード]
 伊東美緒
 認知症
 関係性

再生時間


 ことばの抑制が引き起こす問題
 [キーワード]
 拘束
 スピーチロック
 言葉

再生時間


急性期病院と慢性期病院における拘束やケ …
 [キーワード]
 拘束
 急性期
 慢性期

再生時間

もっと見る