オムツを使用しない排泄ケア




ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

オムツによる不快感を防ぐことや、水分・食事のちゃんとした摂取を心掛けてもらうこと、トイレに行きたいときに安心して行ってもらう環境を作ることが、ケアする側にとってもケアされる側にとっても気持ちのよい生活を送る上で必要なことである。


オムツは肥溜めであるため、濡れていない状態を作る工夫や良い便を出してもらう工夫が必要である。高齢者は体の不自由によって動けなかったりすると他にすることがないために、どうしても自分の不調に目が行きがちである。それによって排泄を気にし出して、「トイレ、トイレ」とナースコールを鳴らすこともある。それが周りにとって問題行動や厄介な行動に取られ、BPSDとされてしまうこととなる。
それを解決するためには、残便残尿を出すための水分をしっかり摂取してもらい、ちゃんと食事を摂ってもらい、トイレに行きたいときに安心して行ってもらう環境を作ることが必要である。そうすることで、ケアする側にとっては安心した介護を行うことが出来るようになり、ケアされる側(本人)にとっても気持ちの良い生活が出来ることとなる。


田中とも江 尊厳ある排泄ケア五つの基本 …
 [キーワード]
 youtube
 田中とも江
 排泄ケア

再生時間


 2分間ケア
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 地域

再生時間


 排泄ケアの悪循環
 [キーワード]
 田中とも江
 悪循環
 排泄ケア

再生時間


 本人が気持よい排泄ケア
 [キーワード]
 田中とも江
 本人
 気持ちいい

再生時間

もっと見る