排泄ケアの悪循環




ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

排泄したいのに連れて行ってもらえないとなると、身内や介護する側に敵意を示すようになり、体を痛めたり、認知症の行動障害として施設入所になったりしてしまう。
残便、残尿を出すための水分をしっかり飲んでもらって、食べてもらって、行きたいとき、そのチャンスですね。行けるように、安心して行ってもらえる状況を自分たちが昼間作ることによって、家族が、そうすると安心されるといいが、人間関係ができてくる。
ところがそれを拒否すると、自分のことしか今気持ちがないのに、連れて行ってもらえないとなると今度自分の身内だとか、介護する側に対して敵意を示すようになるので、そうするとさらに自分の体も痛めるし、認知症の行動障害としてまた施設入所になったりだとか、精神科にやられたりとかそういうことになってしまう。


田中とも江 尊厳ある排泄ケア五つの基本 …
 [キーワード]
 youtube
 田中とも江
 排泄ケア

再生時間


 2分間ケア
 [キーワード]
 中矢暁美
 小規模多機能居宅型介護
 地域

再生時間


 本人が気持よい排泄ケア
 [キーワード]
 田中とも江
 本人
 気持ちいい

再生時間


 薬物動態変動要因「E」—排泄—
 [キーワード]
 竹内和彦
 臨床薬理学
 高齢者

再生時間

もっと見る