せん妄の症例と診断のポイント




ログインするとお気に入りへ登録できます.

ログインする.




ログインすると質問を投稿できます.

ログインする.

ログインするとメモを保存できます.

ログインする.

これはある患者、Aさんの事例である。Aさんは日中は穏やかであるが、夕方になると落ち着きがなくなり激しく攻撃的な人格に豹変する。夕食後くらいになると自分のいるユニット全体を自分の家と思い込み「勝手に入ってくるな」などと怒ることがある。
これには夜間せん妄の疑いがあるのではないかと考えられる。

せん妄かどうかを見分ける診断のポイントには以下の6点が挙げられる。
・状態が短時間のうちに変動するかどうか
・夕方~夜間にかけて憎悪するかどうか
・人格が変わってしまうかどうか
・見当識障害の存在
・幻視の存在(小動物幻視など)
・(せん妄状態の間の記憶障害の存在)

これらのいくつかの見分けるポイントがあるが、Aさんの場合はまず、夕方になるとおかしな状態になり夜になると激しく攻撃的な人格に豹変するが、朝になると穏やかな人に戻っている。数時間のうちに状態が変動し夕方から夜間にかけていつもの本人ではないような状態になってしまい人格が変わってしまっている。昼間は自分が特別養護老人ホームに入居していることは理解しているが、夕方から夜になるとそこは自分の家になってしまい、なぜそこに他の人がいるのかと怒ってしまうことから場所的な見当識障害も見受けられる。
これらのことから、上述したせん妄かどうかを見分ける診断のポイントのうちの4つを満たしていることとなり、夜間せん妄の疑いがあると考えられる。


 認知症の告知
 [キーワード]
 認知症
 玉井 顯
 診断

再生時間


 上野秀樹 せん妄状態について(2/3)
 [キーワード]
 youtube
 上野秀樹
 せん妄

再生時間


 上野秀樹 せん妄状態について(1/3)
 [キーワード]
 youtube
 上野秀樹
 せん妄

再生時間


 上野秀樹 せん妄状態について(3/3)
 [キーワード]
 youtube
 上野秀樹
 せん妄

再生時間

もっと見る