プライバシーポリシー


第1条 個人情報の取得と利用

静岡大学 認知症プロジェクト* (以下「当プロジェクト」といいます)は利用目的を明確にした上で個人情報を取得し、目的の範囲内に限り、 個人情報を利用いたします。また、利用目的の範囲を超えて 個人情報の利用を行わないよう、 管理体制の整備および安全管理措置を講じます。

* 静岡大学 認知症プロジェクトとは、静岡大学情報学部 竹林研究室、桐山研究室で構成されるプロジェクトです。

第2条 個人情報の管理と保護

個人情報の管理は、厳重に行うこととし、ご本人にご承諾いただいた場合を除き、第三者に対しデータを開示・提供することは原則いたしません。 また個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいを防ぐため、安全管理措置を規定し実施いたします。 また問題発生の予防のための手順を設け実施するとともに、万が一の問題発生に対しては速やかに再発防止のための是正を行います。

第3条 法令・規範の遵守

当プロジェクトは、当サイトが保有する個人情報の取扱いに関して適用される法令、 国が定める指針及びその他の規範を遵守いたします。

第4条 個人情報保護管理体制および仕組みの継続的改善

当プロジェクトは、個人情報保護方針を常に見直し、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施いたします。



個人情報の取り扱いについて

1. 個人情報とは

個人情報とは、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先、生年月日その他の記述等により個人を識別できるものをいいます。 また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的に個人を識別できる情報も個人情報に含まれます。

2. 個人情報の取得と利用目的について

個人情報の取得と利用の目的および活用範囲は以下の通りです。
A. 当プロジェクトによるお客様への本サービス提供
B. 利用者ご本人の承諾に基づく、本サービス利用企業への個人情報開示
C. 当プロジェクトが提供するサービスのご案内や資料の送付
D. アンケートのご協力依頼や結果の報告、実験協力の依頼等
E. 当プロジェクトサービス提供、お客様からのお問合せへの対応のために必要な業務遂行
F. 記事コンテンツ作成の為の取材対象者の募集
G. その他上記業務に関連・付随する業務
※ 当プロジェクトの研究等の利用目的のために、協働者がある場合、お預かりした個人情報を協働者との間で共同利用する場合があります。 個人情報の管理責任については、当プロジェクトと協働者が、それぞれ自ら取り扱う個人情報について管理責任を負っております。 お預かりした書類については、一部お返しできないことがありますのでご了承ください。

3. 個人情報を提供しなかった場合に生じる結果について

当プロジェクトへの個人情報の提供は任意ですが、当プロジェクトが求める個人情報をご提供いただけない場合、 また記載不備があった場合は、本サービスが受けられないことがあります。

4. 個人情報の開示と共有について

当プロジェクトは、登録者* ご本人から提供された個人情報の使用を許可されたとみなしますが、各登録者の個人情報は常に登録者ご本人が所有します。 ただし、以下に該当する場合、第三者への個人情報の開示、または、当プロジェクトが登録者の個人情報を共有し、個人情報を閲覧・使用することがありますので、予めご了承下さい。
A. 登録者本人の許可を得た場合。
B. プライバシーポリシーに明記するなどして、利用者に通知した場合。
C. 名前や個人情報を削除した場合。
D 法律の定めにより、国・地方自治体・裁判所・警察・その他法律や命令などで同様の権限を認められた機関からの要請があった場合。
E. 登録者ご本人の死亡、あるいは著しい認知レベルの低下を当プロジェクトが確認し、登録者ご本人の家族と認められる者から要請があった場合。

* 登録者とは、当プロジェクトからユーザID及びパスワードを貸与された者を指します。

5. 個人情報の委託について

当プロジェクトは利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合があります。 なお、個人情報の取り扱いを委託する場合は適切な委託先を選定し、個人情報が安全に管理されるよう適切に監督いたします。

6. 統計データの利用について

当プロジェクトは、提供を受けた利用者の個人情報をもとに、個人を特定できないよう加工した統計データを作成することがあります。 個人を特定できない統計データについては、当プロジェクトは何ら制限なく利用することができるものとします。

7. 開示対象個人情報の開示等について

当プロジェクトは、当プロジェクトが保有する開示対象個人情報の「利用目的の通知」・「開示」・「訂正、追加または削除」・ 「利用の停止、消去または第三者への提供の停止」(以下「開示等」という)の要請が利用者ご本人からあった場合には、 当プロジェクトで定める所定の手続きに則り速やかに対応いたします。ただし、開示等に対応することによって、 以下のいずれかに該当する場合は、対応できない旨とその理由を請求者ご本人に説明した上で、開示等に対応できない場合がございます。
A. ご本人が確認できない場合
B. ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
C. 法令に違反することとなる場合
D. 保有している個人情報の存否が明らかになることによってA~Cのいずれかに該当する場合
個人情報を削除、利用停止等した場合、お客様が現在ご利用されているサービスなどを受けることができなくなる場合がございます。 またサービス提供の完了などで必要のなくなった個人情報につきましては、当プロジェクトの規程に従い削除いたします。


制定 2013年4月26日
最終改定 2013年4月26日